2008年06月28日

true tearsドラマCD「比呂美」編

時系列順だと次はたぶん比呂美さんです。

バスケ部を主体に眞一郎や眞ママそして乃絵との関わりや思いを
語るドラマ。
朋与の恋は螢川のちょい悪っぽい男バス部員と純の存在を思い出させるだけど、
恋の先輩としてアドバイスする比呂美はもう純の事
全く気にしていないのね。(ちょっと惚気ているし)
驚いた時の叫びが面白い事になっていたが。
やっぱり朋与は振られたのだろうか。
高岡キャプテンの破局は比呂美への厳しさをカモフラージュの為か?

眞ママは相性が悪いなんて言ってたのに、義理の母みたいだなんて
もうデレデレです。
そして女としての人生指南。こうやって仲上家では受け継がれていくのだろうか。

眞一郎とはちゃんとやってるみたいです。やはり炎の様な情熱的なものでなく
川のせせらぎの様な静かな関係がお似合いです。
バス停での抱擁もそんな感じでした。
着付けの話をしてるシーンは一緒に弁当を食べているところかな。

そして乃絵の存在。眞一郎にとって唯一無二存在「石動乃絵」。
自分はそうなれるかと悩んで?いますね。
まーこう思うのもしかたがない。それだけ乃絵の存在が強烈だったのでしょう。
でもそれは後ろ向けでなく前向きな思い。まずは乃絵の良さを認め
思いを理解することから始めています。
最初と最後、グランド階段で乃絵を見かけるシーン。
最初はちょっと極まり悪い感じでしたが、最後のはもっと清々しい感じでした。

とうぜんこれも映像で見たいですよ。特にバス停の無音部分とか。

連絡:毒桃さん、見ていたら連絡下さい。


Hiromi_07hp.jpg



posted by 流ひょうご at 19:45| Comment(2) | TrackBack(0) | 感想
この記事へのコメント
>ちょっと惚気ているし

比呂美のお惚気、もっと聞きたいくらいです(笑)
10年近く気持ちを抑え込んでいたのですから、もっと惚気てもいいくらいですよね。

>もうデレデレです。
>そして女としての人生指南。こうやって仲上家では受け継がれていくのだろうか。

比呂美ママとはいろいろあったっぽいですが、比呂美”本人”をどうこうではなかったし、しかもシリーズ後半の比呂美の立ち位置が自分とオーバーラップまでしては、そりゃもう比呂美に肩入れしちゃいますよねぇ(笑)
実際問題、比呂美には、”家”をまかせられる信頼感がありますし。

>川のせせらぎの様な静かな関係がお似合いです。

そう、この二人は、そうなんですよね。
遊園地とかに行ってワーイって感じじゃなくて、普通に買い物とか一緒にするときに、ちょっと手をつないでみたりとかで、ドキドキしちゃうような、いつまでも初々しいというか。
がー、首筋がムズムズするような感じです(笑)

>バス停での抱擁もそんな感じでした。
>着付けの話をしてるシーンは一緒に弁当を食べているところかな。

眞一郎、また、やさーしく、抱きしめたんだろうなぁ。
本当に比呂美のこと、大切にしているから、抱きしめ方も、ものすごく柔らかい感じ。
着付けのシーンは、なにげに一緒にお弁当でしょうね。進展しているなー。

>まーこう思うのもしかたがない。それだけ乃絵の存在が強烈だったのでしょう。

眞一郎の心の半分を占めていた娘ですからね。しかも自分とは全く異なるタイプだし。

>最初はちょっと極まり悪い感じでしたが、最後のはもっと清々しい感じでした。

乃絵のことを昇華できた感じですよね。

>とうぜんこれも映像で見たいですよ。特にバス停の無音部分とか。

はい、もう、DVDのVol.7の特典映像でもいいから映像化されませんかねぇ。
または、完全受注生産でOVAとかねぇ。
こういうあたりは、KONAMIの方がしっかりやってくれるんですよねぇ(KONAMIはKONAMIで色々問題ありありですけど)
Posted by おかると at 2008年06月29日 11:06
>おかるとさんへ

>比呂美のお惚気、もっと聞きたいくらいです(笑)

その通りです。
あと周りからもっと冷やかして欲しかった。

>しかもシリーズ後半の比呂美の立ち位置が自分とオーバーラップまでしては、そりゃもう比呂美に肩入れしちゃいますよねぇ(笑)

「待つのは〜」などはそれですね。


>もう、DVDのVol.7の特典映像でもいいから映像化されませんかねぇ。

なってくれれば嬉しいですけど、こういうのは最初から決まっている事ですからね。
第1巻が1話2話収録でしたら、7巻が13話のみだから
もしかしたらもう1話…という希望も生まれるのですが…
Posted by 流ひょうご at 2008年06月30日 03:55
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/16455806

この記事へのトラックバック