2009年03月05日

比呂美の中学卒業絵

また一ヶ月更新しないところでした。

季節的にということで、true tearsの比呂美で卒業です。
少し悲しい顔しているのは、卒業自体(友達との別れとか)ではなく
(中高一環ですし)、亡くなられた両親の事を想ってですね。

セーラー服の冬服はありませんでした。
夏服同様「白」でもよかったですけど
どうでオリジナルになるのですから変えてみました。


さて、次回イベントはCOMIC1に無事受かりました。
やっと発売日が近づいた「アマガミ」本になります。

ちょうど去年の今頃、tt8〜9話を見たあたりから
tt本1冊目を描き始めたのです。
1、2本目のマンガが本編内容を反映してますから。
今なら当然描かない、NTRなんか描いてますし。

Hiromi_16hp2.jpg
posted by 流ひょうご at 16:15| Comment(5) | TrackBack(0) | イラスト
この記事へのコメント
速攻、保存しました(笑)
良い!すごく良いです!
可愛いですよ、あどけなさも残ってるし。
しかし、冷静に考えて、こんな中学生がいたら、かなりヤバイです。どこかへ連れて行ってしまいたい誘惑に駆られます。
または、養女として迎え入れる(笑)

きっとクラスの男子とか、下級生は、遠巻きにして見てるだけなんだろうなぁ。実際、手を出せない雰囲気持ってるし。眞一郎は、当時、どう思っていたのか?
Posted by おかると at 2009年03月05日 22:22
もう一年になるんですね
この頃の比呂美は兄妹疑惑やその他の問題で心から笑う事なんて出来なかったでしょうね。

高校の卒業式では眞一郎の隣で、新しい家族の下で心からの笑顔を見せてくれるんでしょうね
Posted by MAMAN書き(リヨン侍) at 2009年03月06日 00:10
うわっ!!おもわず声出しましたよ。セーラー中学生比呂美さんだ!!!ありがとうございます。かなりうれしい!!
Posted by ケイ at 2009年03月06日 13:24
「わぁっ」と思わず感涙ものの比呂美さんです。
いつもながらありがとうございます。

一緒に門出を祝って欲しかった両親を失い、
隣にいて欲しい人とは距離を取り、迎えた卒業式。
そんな比呂美さんを囲む、眩い光。

1年後。その表情は晴れやかに、
ずっと一緒にいて欲しい眞一郎の隣で、
桜並木と共に彩られるわけですが、
それまでは、色々とありましたからね。

そういう感慨を抱かせてくれる流さんの作品に、感謝。
本当にありがとうございます。
Posted by ゆうきひろゆき at 2009年03月06日 21:16
>おかるとさん
>>あどけなさも残ってるし。

意識して描いたので、幼く見えてくれれば幸いです。

>>しかし、冷静に考えて、こんな中学生がいたら、かなりヤバイです。
>>きっとクラスの男子とか、下級生は、遠巻きにして見てるだけなんだろうなぁ。

絶対中学時代から人気あった筈。
交際を申し込まれた事もあったでしょうに、
これはこれで、物語がありそう。

>>眞一郎は、当時、どう思っていたのか?

普通ならば気が気でないはずなのですが、他の男子を全く相手に
しないから変な安心感を持ってしまい、先に進まなかったのかも。


>MAMAN書きさん
>>この頃の比呂美は兄妹疑惑やその他の問題で心から笑う事なんて出来なかったでしょうね。

そうですね、すでに眞一郎ママからのキツイ態度をとられている
頃ですから。
一応その事も考慮して描いてはいます。

>高校の卒業式では眞一郎の隣で、新しい家族の下で心からの笑顔を見せてくれるんでしょうね。

その辺りはまた何時か描きたいと思ってます(来年の今頃?)


>ケイさん
>>ありがとうございます。かなりうれしい!!

こちらこそありがとうございます。
そう言っていただけると、描いたかいがあいます。


>ゆうきひろゆき
>>一緒に門出を祝って欲しかった両親を失い、
隣にいて欲しい人とは距離を取り、迎えた卒業式。

思っていた情景を感じ取っていただいて、ありがたいです。

>>1年後。その表情は晴れやかに、
ずっと一緒にいて欲しい眞一郎の隣で、
桜並木と共に彩られるわけですが、
それまでは、色々とありましたからね。

1年後や高校卒業時に眞一郎やその両親、友達達とそんな光景が
迎えられるといいですよね。

Posted by 流ひょうご at 2009年03月07日 13:16
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/27383981

この記事へのトラックバック